« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008.09.28

国慶節のお休み




国慶節の連休が始まりました。帰省したり旅行に行ったり、この時期、中国の観光地はどこもたくさんの人出です。先日通りがかったローカルの旅行代理店も、長い長い列が出来てました。みんなチケット買えたかな?




中国にお住まいの皆様、楽しい連休をお過ごしください。ブログは10日ほどお休みします~。

2008.09.27

秋の味覚


亜熱帯の深圳は秋が短く、9月末とはいえ、まだまだ夏の気配。半年ほど夏が続く深圳で、私が季節を感じるものは、屋台のフルーツ売り屋さん。初夏になるとライチが並び、夏になるとマンゴー、スイカ、ドリアン、秋になると、みかんやぶどうが並び始めます。




右写真の屋台は、柿、ぶどう、ランブータン(これは日本ではあんまり見かけない)が売ってます。見るだけで、買ったことはないのですが、屋台のフルーツ屋さんは、時の移り変わりを感じさせてくれます。

華強北




華強北に買い物に行きました。行くと必ず寄るのは英語の絵本のお店。、













今回は新しいお店を教えてもらいました。

市場は冷房がなくて暑いけれど、冷房付のきれいなビルで、小さなお店がいっぱい入ってます。


服飾類が色々売ってます。

2008.09.24

海上世界 ビール祭り

蛇口の海上世界にて、第4回国際ビールフェスティバルが開催中です。


9月19日(金)~28日(日)21時半から 各国のビールが飲めるそうです。


詳しくは海上世界のHP
をご覧ください。







2008.09.23

東莞三正半山ホテル


深センはただいま大型台風が来ています。外はすごい雨と風で、マンションが壊れないかと心配なほどです。(あ、記事を書いてるうちに、雨はやんだみたいです。) 



もうすぐ国慶節の連休ですね。チビの幼稚園は、なんと8連休。でも我が家はどこにも旅行の予定はナシ・・。夏の旅行を思い出して、7月に遊びに行ったホテルの記事を今更ながらアップします。




昨夏に一度宿泊して以来、すっかり大ファンになってしまった「東莞塘厦三正半山酒店」。今年も泊まりに行きました。大きなホテルで、本館、別館、別荘などいくつか建物があります。去年は「親水区」という、プールが目の前にある部屋を予約しましたが、今回は「本館」に宿泊しました。











部屋からは湖が見えました。プールから近い部屋だったので、チェックイン後、早速プールへ行きました。 波のプールや小さな砂浜があるのですが、残念ながら工事中。でもプールは広いからいいのだ。途中、川のような細い水路を通って、広いプールまで行き、思う存分泳いできました。子供用プールもあります。




ホテルには、子供用のプレイルームもあります。 パソコンを持って行けば、部屋でインターネットが無料でできるのが、ありがたいです。


部屋も広くて、ちゃんと掃除されてたし、従業員さんもわりとフレンドリーでした。朝食つきで、1泊900元くらいでした。




东莞塘厦三正半山酒店(グッドビューホテル) 


HPはこちら


广东省东莞市塘厦镇迎宾大道


TEL: 86(769)8729 9333


去年の記事はこちら
(中国からは見れません・・。)

2008.09.20

メラミン入り乳製品


中国製粉ミルクに、メラミンが混入されて乳児が死亡したと問題になっていますが、牛乳でも検出され、大騒ぎになっています。メラミンは中国語で「三聚気胺」といい、プラスティックのような食器の原料に使われているもの。今回、中国の有名メーカー「蒙牛」や「伊利」の牛乳でもメラミンが検出されました。日本へも輸出され、使われている食品もあるようです。(エキサイトニュースより。




ココパークのジャスコの牛乳売り場では、両メーカーの牛乳は撤去されて、店員さんが商品を並び替えていました。でもヨーグルトは、問題があったのも普通に売ってたけどね。





粉ミルクを日本からまとめて持ってくることはできるけど、牛乳は無理だなぁ。子供のいる家庭にとって、牛乳は必需品。冷蔵庫にいれなくていい小さいパッケージの牛乳を、我が家も買ってました。ああ、チビに1年半も飲ませてしまった・・。(混入製品リストには載ってなかったけど。)




とりあえず、維記(Kowloon Daily)を買って来ました。*ネスレ(ネッスル)もだいじょうぶのようです。正直、何を信じていいのかわからないって感じですが・・。困ったなぁ。




混入製品についてはこちら
のYahoo中国の記事をご覧ください。

*香港で、中国から輸入のネスレ(ネッスル)の粉ミルクで、メラミンが検出されたそうです。

2008.09.18

味千拉麺

先日ホリデイプラザに行ったときは、できたばかりでケンタッキーすら工事中でした。というわけで、目に付いた味千拉麺にお昼ごはんを食べに行きました。

このお店は、深圳で一番有名な日本食屋さんではないでしょうか。ラーメンの種類が豊富で、定食やお酒のつまみなども揃っています。日本食がお手ごろな値段で食べれるありがたいお店です。深圳、香港のあちこちにあります。

以前、香港空港の支店でラーメンを食べて、そのまずさに驚いて以来、味千拉麺に行っても、ラーメン以外を注文していました。でも先日は一緒に行った友人が「わりと食べれるよ。」と言うので、おすすめの「味千拉麺(18元くらい)」を注文してみました。

感想は、、なかなかおいしかったです。日本のラーメンかと言われると、うーん??と思いますが、合格レベルだと思います。よく考えたら、まずさに驚いた頃から5年も経ってるので、私も味覚が変わって、中国風和食の味に慣れたということでしょう。

味千拉麺益田假日广城店
深圳市南山区深南大道 世界の窓付近
地下鉄 世界の窓駅から歩いてすぐ。

益田假日広場(Holiday Plaza)


8月末にできた、世界の窓近くのショッピングセンター「ホリデープラザ」に行ってきました。スーパーのOle(オーレ)、アイススケート場、映画館、トイザラスまで入ってる!




有名なファッションブランド店もいっぱいあります。初めてH&Mに足を踏み入れましたが、想像以上に安かったです。日本で、はやるわけですね。トイザラスは、香港のほうが安くて品揃えが豊富な気がします。


レストランも色々ありますが、準備中のお店が多々あり。工事中なのにオープンしちゃうのは、中国らしいね。















下写真は、授乳室&オムツ換えペース。手洗い場もついてます。深圳で初めてこんな立派な授乳室を見ました。でも、子連れじゃないおねえさんもソファーで休憩してるので、単なる休憩室なのかもしれません。子連れにもおすすめのショッピングセンターです。






世界の窓の真正面にあります。





益田假日广城(ホリデイプラザ) HPはこちら


深圳市南山区深南大道 世界の窓付近


(0755)-82966698


地下鉄 世界の窓から歩いてすぐ。

2008.09.16

Milano Italian Restaurant

車公廟の駅付近に、おいしいイタリアンレストランがあると聞いて、友達に連れて行ってもらいました。総勢大人7人子供4人で、サラダ、パスタ、ピザなどを注文。料理はイタリア人のシェフが作っているそうで、どれもおいしかったです。ピザは薄焼きタイプで、端っこガカリカリ。パスタはちゃんとアルデンテで、とてもおいしかったです。写真左下は生ハムのピザ、右下はカルボナーラ。

デザート&コーヒーまで散々注文したので、1人あたり150元くらいになってびっくり!でも、味に見合った値段だと思います。平日は78元のランチセットもあります。英語の話せるウェイトレスさんがいます。




米蘭意大利餐廳(Milano Italian Restaurant)
福田区深南大道6007号安徽大厦1楼 (香蜜湖、水上楽園の向かい)
0755-83581661

2008.09.13

中秋節のギフト


中秋節は日ごろお世話になっている人に、月餅を贈る習慣があります。毎年旦那さんも会社から月餅をもらってきますが、甘くてカロリーの高い月餅は、中国でも若い人には不評だそうです。そんなわけで、最近はお酒や洋菓子を贈るのが増えているそうです。




この時期のスーパーの店頭は、おめでたい赤色一色。そして灯篭が飾られます。お店の入り口付近には、月餅やワインやウィスキー、クッキー、チョコレートなどちょっと高めのギフトがずらっと並んで売られています。






果物も立派なギフトで、スーパーの野菜コーナーや、果物屋の店頭では、果物盛り合わせが売っています。




我が家は今年初めて、果物のギフトをいただきました。かごにフルーツが山盛り入ってます。持ち上げると、ずっしり重い・・。箱入りのワインももらったよ。わーい♪











かごに入ってたフルーツを並べて、写真を撮ってみました。写真左上から順に、パパイア、ドラゴンフルーツ、スターフルーツ、ポメロ、青りんご、マンゴスチン、モモ、りんご、ローズアップル(レンブ)、スモモ、ペピーノ、オレンジです。これにぶどうも入ってました。




まだ半分くらいしか食べてませんが、今のところ一番おいしかったのはりんごです・・。ローズアップルが、なかなかおいしかったです。さすが亜熱帯の深圳は、果物の種類も豊富ですね。もったいないので、がんばって食べます。

大芬油画村の行き方(バス利用)

3連休だー。どこ行こうって悩んでる方、特区外の布吉にある大芬油画村はどうですか?
というわけで、油画村の行き方をちょっと詳しく書いてみます。

まず出発地点は、地下鉄「国貿駅」の真上のショッピングセンター「金光華広場」から。ショッピングセンターの前の嘉賓路にある「金光華広場」のバス停を探します。B出口から道路を渡った向かい側にあります。

バス停「金光華広場」から「布吉東大街」行きの300番のバスに乗ります(2元)。行き先が違う300番もあるので注意!心配なら「大芬油画村」と書いた紙を運転手さんに見せましょう。前のドアから乗って、現金を運転手さんの横の箱に入れるか、深圳通のカードで運賃を払います。

300番のバスがなかなか来ない場合は、306番でもOKです。バスは下記のような感じ。スリに注意しましょう。




地下鉄工事中のため、布吉へ向かう道は渋滞がちですが、あせらずのんびり乗りましょう。布吉地区に入った後、バスは高架工事の横の大きな道をしばらく走ります。右に曲がったら、もうすぐ目的の大芬油画村に着きます。

バスの案内は、大芬村(da fen cun)としか言わないときもあるので、初めての方は惑わされず、ちゃんと降りてください。

左手に、写真のような景色が見えてきたら、すぐそばにあるバス停で降ります。信号を渡ると、無事油画村に到着!

帰りのバスは、来るときに乗ったバス停の道路の向かい側にあるので、すぐわかります。帰りのバスでは、運転手がチケットをくれるのでそれをもらっておきます。途中、回収に来るので、チケットを渡します。




A4サイズくらいの小さな絵なら、額縁つきで20元~30元もあれば買えます。北京語しか通じないと思いますが、気に入った絵があれば、がんばって値引きしましょう。

美術館もありました。印象深圳という展示をしていて、深圳の名所の油絵がいくつか飾ってありました。入場無料だったけれど、展示はこのイベントだけ。冷房はあるので、歩きつかれたら涼みにどうぞ。



大芬油画村(da fen you hua cun) HPはこちら
深圳市龍崗区布吉街道大芬油画村
TEL:0755-84732633

特区内のあちこちから油画村行きのバスが出ていますが、深圳市内は渋滞がちなので、国貿駅からバスに乗るほうが、結果的には早く着くような気がします。
もちろんタクシーでも行けます。
緑のタクシーは特区外専門なので、帰りは乗らないように気をつけてください。

2008.09.11

中秋節


今週日曜日の9月14日は、中秋節。旧暦の8月15日にあたり、「家族で集まって満月を見る」という日です。ランタンを飾って、月餅を食べたりもします。




先日幼稚園でも、中秋節のイベントがありました。いつも通りの時間にお迎えに行くと、迎えに来ている親がなぜか少ない。お迎え時間を10分過ぎてもチビが出てくる気配がないので、保安のおじさんに聞いてみると、「今日は中秋節のイベントがあるから、5時半にまた来て。」と言われてしまいました。



そういえば、ずっと前にもらったプリントに書いてあったような・・。昨日風邪でお休みしたので、詳しい案内が聞けなかったのね。




気を取り直して、5時半に迎えに行ったら、園内はたくさんのランタンが飾り付けられて、ちょっとした園庭開放日みたいになってました。親子でできるイベントも色々あったけれど、チビは園庭の遊具に夢中。同じクラスのお友達と仲良く走り回っていました。おかげで、よくなった風邪はまた悪化しつつありますが・・。でも、お友達と仲良く遊んでいるようなので、よかったよかった。




左はパパイヤの木に飾られたランタン。南国ならではですね。

2008.09.10

香港鉄路博物館



我が家のチビが、一番好きなお出かけ場所は、香港鉄路博物館。大埔墟駅と太和駅の間くらいにあります。香港市内から行くと、けっこう遠いので、深圳に引っ越してからのほうが頻繁に行ってる気がします。




九広鉄道の旧大埔駅を博物館に改築してあり、色々な展示があります。展示スペースは小さいですが、冷房が効いているので、暑いさなかに出かけてもまあ、大丈夫。チビはまず、展示スペースのテレビに釘付けになってます。




でもやっぱり一番好きなのは、大きな電車。本物の線路がひいてあり、以前使われていた電車が展示してあります。客車には実際乗ることが出来ます。




ボタンを押すと走る、ミニ機関車の模型もあるので、電車好きのお子さんにおすすめです。線路を歩くなんて、なかなかできない経験ですね。入場無料なのがすてきです。




















香港鐵路博物館


新界 大埔 崇德街13號 鐵路博物館


TEL: 2653 3455


Opening Hour:9:00-17:00 火曜日定休




2008.09.07

順德双皮奶

福田区の南園路沿いにある、小さなお店にお昼ご飯を食べに行きました。お店の名前の通り、双皮奶(ミルクプリン)が有名なお店です。店内はわりときれいで、値段もお手ごろです。

私が食べたのは、しいたけと鶏のぶっかけご飯。14元。味はとってもおいしかったけれど、鶏肉が生っぽかったよ・・。でも食べちゃった。ミルクプリンも食べたかったけど、お腹いっぱいで無理でした。あったかいのと冷たいのを選べます。次回は絶対食べよう。



順德双皮奶(南园路店)
福田区南园路177号
TEL: 0755-83636771

2008.09.05

シンセンで中国語の勉強

深圳に来て1ヶ月という方に、深圳の中国語の学校、家庭教師について聞かれました。


とりあえず、有名どころをまとめてみました。




☆中国語をしっかり学びたい方は、深圳大学がおすすめです。


深圳大学 HPはこちら


深圳市南山区南海大道3688号

TEL:(0755) 26536114


授業は月~金の8時20分から12時頃まで。中国語のみの授業が基本です。


入門、初級、中級などクラスがいくつかあり、試験でクラス分けされますが、


本人の希望も聞いてくれるそうです。


遠足や太極拳などの課外授業、HSK対策講座などもあります。


授業は9月と2月の開始。サマーコースもあります。1学期(半年弱)で8000元~。




☆以下は、語学学校です。


<羅湖区>


シルクロード文化センター


深圳市羅湖区嘉賓路2008号東佳大厦2402室


TEL:0755-2518-9320





深圳書城内の学校


羅湖区深南東路5033号(金山大厦) 地下鉄大劇院駅でてすぐ。


中国人向けの語学学校に、外国人向けの中国語コースがあります。


入門クラスが多いそうで、授業は英語になります。


書城内にいくつかあり、深南東路側の入り口近くにパンフレットがおいてあります。




<福田区>


快楽漢語学院 HPはこちら


福田区崗厦 華景花園4F房 


地下鉄崗厦駅D出口より徒歩5分。バス停崗厦村、聨合広場、財富大厦


TEL: 135-7081-5873(日本語可)




<南山区>


華厦漢語学院

南山区南油信和春天獅子5E (南油大廈そば)

TEL:135-0966-8165(日本語可)林先生

(華僑城の近くの学校は移転し、2010年旧正月明けから再開だそうです。)


家庭教師も、日時があえば家まで来て教えてくれるそうです。





フォレスト文化教室(浩森文化傅播有限公司)HPはこちら


南山区蛇口海上世界海景広場29楼B座


TEL:0755-2668-0410(日本語可)


日本語を話せる先生がいるそうです。




一諾文化館 HPはこちら


南山区海徳二道文心二路華彩新天地一階 (海雅百貨裏)


0755-2649-5315(日本語可)


日本語を話せるスタッフがいるそうです。




New Concept Mandarin HPはこちら


3rd Floor, Bitao Center, 8 Taizi Road, Shekou, Shenzhen, China


南山区蛇口太子路8号碧涛中心3楼


TEL:0755 2688 3577


蛇口のパークンショップ上にある学校。英語で中国語が学べます。

2008.09.04

古い街並み

華強北の南側にある南園路付近は、ちょっとローカルな雰囲気。


古いアパートや、ローカルなお店があります。


ビルばっかりの新しい通りのすぐ横に、こんな古い通りもある、シンセンはそんな街です。









華強北の市場


日本から戻ってきて、なんだか気分がすぐれず、どこかへ出かける気になかなかなれません。というわけで、これも一時帰国前の古い記事です。




華強北の服装市場に行きました。女人世界のすぐ裏手にあります。あんまりきれいじゃない市場だけど、洋服だの服だの靴だの、ニセモノ財布、時計などなど、色々売ってます。全体的に商業城よりも安い気がします。





チビの洋服を買いに行きました。中国語で話したのに、お店の人に日本人ってばれてしまった。(普段は韓国人と言われる。)中国語の発音を聞いたら、日本人、韓国人の区別がつくんだって。すごいなぁ。こぎたない市場だけど、外国人もけっこう買いに来るのかな?




英語の絵本屋さんがあるので、ついでに行きました。何回行っても迷うので、いまだにお店の場所がよくわかりません・・。汚れてたり、装丁が悪いのもあるけれど、定価よりずーっと安く買えます。たまに日本語の本も売ってます。









喜華外貿服装市場

深圳市華強北路3005号(女人世界)のすぐ北側

地下鉄 華強北駅から歩いて徒歩約10分

2008.09.02

新学期


中国のローカル学校の新学期は、9月1日から。チビも今週月曜日から、幼稚園が始まりました。学年が1つ上がって、教室の場所が変わったけれど、メインの先生とお友達は同じ。サブの先生とアイさん(お手伝いさん)は変わったそうです。前より少しやさしくなったそうです。




チビは初日に「幼稚園に行きたくない」とごねたものの、帰ってきたら「明日も幼稚園に行く!」と言ったので、一安心。まだテキストも用意されてないらしく(このへんが中国らしい)、毎日遊んでるらしいです。宿題もないので、私も楽々。来週からきっと宿題地獄が始まるんだろうな。がんばろう~。




(写真は3年前に、香港の某プレイグループにて撮影したもの。


今の幼稚園も、こんな感じの庭と遊具があります。)

2008.09.01

薬局は第二の病院

海岸城のジャスコのテナントの薬局。ここは中薬コーナー。


お医者さん(中医)がいて、簡単に診察してもらうことができます。


脈をみるのが診察で、それによって、中薬を出してもらえます。


たいていは何種類かを混ぜて作るそうです。




以前、一度中医さんの診察を見たことがありますが、本当に脈を診るだけで診断してました。


いわゆる病院の診断に比べると、本当に簡単に見えますが、


きちんと勉強をつんだ中医さんは、それで病気を治すことができるとか。


一度、試してみたいものです。









« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »